やっちゃえ My HOME!

2016年3月からのマイホーム新築道中記。新昭和の"ウィザーズホーム"で建てるとこに決めました!

共感できる一冊!

( ノ゚Д゚)おはよう御座います、お気楽MANです。

更新にちょっと間が空いてしまいましたが、継続して建築家さんを詮索中ですので悪しからず。

さて前回は週末の出来事、図書館で借りてきた本について書きました。 

www.okirakuman.com

 

実は、この借りた本の中の一冊が大変自分のためになるベストチョイスだったのです!(,,人゚Д゚)

 

家を建てたくなったら

著者は"丹羽修さん"という建築家の方ですが、内容は題材のとおりこれから家を建てようとしている人にピッタリ当てはまり、建築家と家を建てるということはどういう事か、建てたい家はどう考えるか、建築家の選び方はどうするか、土地や立地について、間取り・収納の考え方などなど大変参考になる内容が記載されています。 

家を建てたくなったら

家を建てたくなったら

 

 

この本の出だし"はじめに"のページの中に丹羽さんの考えとして「自分たちの理想の家に住むことを、あきらめないでほしい」「人と人との関係を大切にする家づくりを、知ってほしい」という記載があります。

これを読んで「えっ?理想の家って建てられるの!?」って思いました。

だって、家を建てるということは、色々な制約の中で自分の理想を少しづつ削っていって妥協点を見出すものだと思っていたからです。

当然、一番の制約は"予算"になると思いますが、最初に自分の理想を思い浮かべたとき「あぁ、でもこれって予算的に厳しいよなぁ~」って思い込み諦めてしまうことってあると思うんです。

でも、丹羽さんの本を読んで「一生懸命考えて、何かいいアイデアを出してくれそう」って思わせてくれました。

また、自分のように何から始めたらいいのかわからない様な人にこそ、相談先として建築家を選択肢に入れるべきだなぁ~と思います。

 

建築家と建てることのメリット・デメリット

建築家と建てることについて、一般的に最初から建築家探しをする人はごくまれで、住宅展示場へ行ったり、地域工務店へ相談したり、不動産会社へ行ったりする人が多いと思います。自分はたまたま建てる土地が既に決まっていたので不動産会社という選択肢はなかったですが、やはり住宅展示場へ行ってみようかとは思いました。(結局いまだに行ってはいませんがw)
それには色々理由がありますが、それについてはおいおいお話しするとして、建築家と家を建てる際のメリット・デメリットについて考えておきたいと思います。

◆メリット

  1. 設計やデザインの自由度が高い
  2. 対話をもって設計を進めるので、お施主さんの希望が反映されやすい
  3. 土地の条件(変形地、狭小地、傾斜地など)に合わせて柔軟に対応できる
  4. 見積もり、予算、スケジュール、施工の監理をしてくれる

やはり、設計やデザインに自由度があるってことは魅力的だし、それだけ自分の希望が叶うってことなので満足のいく家づくりができそうです。 

◆デメリット

  1. 打ち合わせが多く、出来上がるまで時間が掛かる
  2. コストが高くなる可能性がある
  3. 理想の建築家と出会えない可能性がある
  4. 施工会社を探す必要がある

一番は時間が掛かることでしょうか。お施主さんの要望を少しでも叶えようとするとある意味仕方のないことだと思います。

 

こうやってメリット、デメリットを比較しても建築家と家を建てることは、大変魅力的に感じます。

 

やはり一番大切なのは、自分が共感できる、信頼できる 建築家さんを探すことだと思います。